漁師ですこんにちわ!是非見てってください。


by 3ssro0i24m
 ■失策頼み、参院選へ練り直し急務

 菅新政権に関する産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、直撃を受けたのは自民党とみんなの党だ。迷走が続いた鳩山政権批判で勢いに乗ったものの、新政権の誕生で選挙戦略の練り直しを迫られそうだ。もっとも参院選まであと1カ月ほどしかなく、「政治とカネ」の問題をめぐる小沢一郎民主党前幹事長の証人喚問問題など新政権の「失策」を頼りにしているのが現状だ。

                   ◇

 ≪「左翼的な色彩」≫

 「今まで以上に左翼的な色彩を持った政権になるのではないかという危惧(きぐ)を持っている」

 自民党の谷垣禎一総裁は7日、新内閣と民主党執行部の陣容を批判した。

 大島理森幹事長も産経新聞社とFNNの合同世論調査で菅新政権に「期待する」が6割近くになったことについて「『小沢隠し、小沢仕分け』がすべてだ」と指摘した。その上で「小沢氏の(衆院予算委員会での)証人喚問が実行できないなら『ネコだまし内閣』だ」とも述べた。

 新政権は小沢氏の喚問に消極的なため、鳩山政権と変わらないとアピールしていく構えだが、「小沢問題」を追及していくことぐらいしか材料を持ち得なくなったともいえる。

 自民党の支持率は鳩山政権下でおきた社民党の連立離脱問題などで持ち直し傾向にあった。党内からは楽観論すら出た。ところが、菅直人新首相誕生を受けた今回の調査で、民主、自民両党の支持率の差は大きく開いてしまった。自民党内から衆院解散・総選挙を求める声はすっかり消えた。

 党内からは谷垣氏が体制刷新に乗り出さなかったことへの批判も渦巻いている。一方で「今さら執行部を代えても遅い」(若手)とのあきらめムードも。

 ≪「心配せず」強調≫

 一方、「第三極」では勝ち組といわれたみんなの党は、アイドルグループ名にもじって、近く実施が見込まれる衆院北海道5区補選と、参院選で全国の47都道府県に候補者を擁立する「AKB48作戦」を展開、参院選には7日時点で39人を擁立した。渡辺喜美代表は参院選で比例代表と選挙区でそれぞれ2けたの目標議席を掲げ強気に出た。

 ただ、みんなの党の躍進は民主党の低迷が前提。新政権の誕生による民主党支持率の急速な回復は大きな打撃だ。渡辺氏は世論調査で党の支持率が2・4ポイント下がったことについて「みんなの党でないと駄目だという人は微動だにしていない。心配していない」と強調してみせた。

 そのうえで「表紙が変わっても中身が変わらないので民主党と一緒にやることはない」と断言。公務員制度改革や消費税をめぐる経済政策で新政権との違いを訴え、無党派層の呼び戻しを図る考えだ。

「小沢隠し内閣だ」野党、批判強める(読売新聞)
牛・豚肉卸値、平年並み=口蹄疫、影響せず―農水省調べ(時事通信)
松本清張「砂の器」 島根・亀嵩 「おんぼらと」に癒やされて(産経新聞)
<参院選>安倍元首相らが民主の単独過半数阻止で連携(毎日新聞)
<傷害>帰宅途中の女性、自転車の男に腕切られる 愛知(毎日新聞)
[PR]
# by 3ssro0i24m | 2010-06-11 19:19
 東京・赤坂で3月、飲食店2店が連続して襲われた事件で、警視庁組織犯罪対策2課と赤坂署は1日までに、強盗や逮捕監禁などの疑いで、台湾出身の男女4人を国際手配した。 

【関連ニュース】
自衛官少年、強盗強姦容疑で逮捕=女子高生を駅トイレで
女子高生、強盗なだめナイフ取り上げ=後日呼び出し、男を逮捕
高齢女性殺害、男に無期懲役=「とっさの犯行」
歌舞伎町で3600万強奪=地下銀行資金か-2人組が男性襲う・警視庁
スパイダーマン姿で強盗=牛丼店で3万円奪う

児童のわいせつ画像で一斉摘発 8都府県で18人摘発(産経新聞)
御殿場女性遺体遺棄、前夫を殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
酒気帯び運転 伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
三味線など150点灰に…芸妓組合事務所が全焼(読売新聞)
梅若小児童が梅の実を収穫 墨田区(産経新聞)
[PR]
# by 3ssro0i24m | 2010-06-01 20:57
 たちあがれ日本は19日、今夏の参院選福島選挙区に新人で元福島県議の白石卓三氏(58)、比例代表に新人で国際政治学者の藤井厳喜氏(57)を公認候補として擁立すると発表した。

【関連ニュース】
参院選:自民・島根県連、青木前参院議員会長の長男擁立へ
自民党:参院選比例代表に三原じゅん子さん擁立
日本創新党:中田・前横浜市長ら比例に擁立…参院選
連合京都:新人推薦せず 参院選京都
たちあがれ日本:新人の三木氏擁立 参院選比例

<公明党>低所得者向け住宅政策…空き家100万戸を活用(毎日新聞)
トキ、抱卵中断=ふ化難しく―新潟県佐渡市(時事通信)
哨戒艦事件 政府、対北追加制裁検討など確認(産経新聞)
被害総額約3億円?リフォーム会社社長を聴取 埼玉県警、詐欺容疑で逮捕へ (産経新聞)
診療報酬引き上げ、民主が公約に明記へ(読売新聞)
[PR]
# by 3ssro0i24m | 2010-05-26 15:11
【名言か迷言か】

 鳩山由紀夫首相「全国から、この研修会にお運びをくださいましたすべてのみなさん、こんにちは」

 会場「こんにちは」

 鳩山首相「ちゃんと生きてますからね」

 会場「(笑)」 

 鳩山首相は生きていた。5月6日に東京都内のホテルで開かれた民主党の地方自治体議員フォーラム全国研修会で、鳩山首相はこんなふうにあいさつして、健在ぶりをアピールした。

 もちろん、健在なのは当たり前。これは場をなごませるためのジョークであって、健在であることは、言われなくても皆分かっている。ただ、わざわざ「生きてます」というジョークを飛ばさなければならなかったあたりに、首相の苦悩が感じられる。米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相はそこまで追い込まれているということでもある。

 実際、普天間問題で鳩山首相は八方ふさがりだ。移設先について、「最低でも県外」と言ってきた鳩山首相は5月4日の沖縄県訪問で、ついに全面的な県外移設をあきらめて県内移設の方針を示した。もともと県外移設は米軍の反対などもあって困難だと言われていた。また、鹿児島県・徳之島など沖縄県外の移転候補地でも反対運動が盛り上がっている。この期に及んで鳩山首相は、周囲の人々がとっくに気づいていた県外移設の難しさについて、周回遅れでようやく気がついたわけだ。

 民主党内からは、「普天間問題は、誰が取り組んでも難しい。鳩山首相だけのせいではない」という首相擁護論も聞こえてくる。だが、いったん自民党政権下で日米合意に達した移設先をひっくり返して、県外移設への期待感を首相自らあおってきただけに、言い訳に聞こえる。

 それでも、鳩山首相は強気だ。5月6日には、記者団に対して、自ら約束した5月決着という期限について、こう言った。

 「5月末までに決めますと申し上げているんですから、それを変えるつもりはまったくありません」

 並大抵の神経ではない。誰が取り組んでも難しい局面で、決着期限である5月末まで残り1カ月を切ったというのに、それでもこう言い張る強靭(きょうじん)な心を持っている。

 まったく理解不能ではあるけれど、他の人には見えない何らかの着地点に向かって、本人だけは絶対の確信を持って突っ走っている。頼もしいかぎりである。

 この鳩山首相に最近、強い味方が現れた。民主党の山岡賢次国対委員長である。山岡氏は6日、民主党本部で開かれた党全国女性議員ネットワーク会議の総会でこう言った。

 「普天間っていうのは何か、雲の上のお話のような話で、子ども手当は自分たちの生活の話」

 普天間問題や「政治とカネ」の問題は、直接国民の生活には影響せず、むしろ子ども手当などの課題の方がずっと影響があるという趣旨だったようで、この発言に激しく抗議したのが、出席していた沖縄県糸満市の伊敷郁子市議。

 「普天間の問題は、私たちにとっては生活を破壊される大きな問題なんですよ」

 山岡氏はすぐに発言を撤回して、陳謝した。そして、そこでもうひと言、次のように発言した。

 「ご存じのとおり、私は民主党の中でも一、二の沖縄通でございますから、みなさまのことはよく分かっております」

 一、二の沖縄通がついているのだから、さぞかし鳩山首相も心強いことだろう。(五嶋清)

◇…先週の永田町語録…◇

(6日)

 ▽生きてます

 鳩山由紀夫首相 私のことでいろいろとご迷惑をおかけして、心配されているかもしれませんが、ちゃんと生きてますからね。(自身の近況について民主党会合で)

 ▽正直と言えば…

 石破茂自民党政調会長 勉強しないまま国外、県外移設を言った。だが(沖縄県内に)必要だと分かったら「ごめんなさい」と。正直と言えば正直だが、失われたものが大きい。(米軍普天間飛行場移設をめぐる首相発言に関し記者団に)

【関連記事】
米、テロ警戒などで「浅瀬案」に難色 政府10日に最終決定へ
普天間問題、足を引っ張り合っている場合じゃない
沈黙の小沢氏 「小鳩枢軸」で難局押し切る?
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
鳩山首相の沖縄訪問に米国防総省「コメントしない」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「伝える力」テーマに29日に講座―日本ケアマネジメント学会(医療介護CBニュース)
ブレたくない?首相の「ぶら下がり取材」短く(読売新聞)
<穀物被害>ホルモン散布で高温障害防止 東北大チーム(毎日新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
北京に外務省高官派遣 金総書記の訪中受け(産経新聞)
[PR]
# by 3ssro0i24m | 2010-05-15 20:34
 早稲田大OBのデイトレーダーグループによる株価つり上げ事件で、証券取引法違反(相場操縦)罪に問われたリーダーの元会社社長松村直亮被告(28)らの判決が28日、東京地裁であった。多和田隆史裁判長は松村被告に懲役2年2月、執行猶予4年、罰金250万円(求刑懲役2年2月、罰金250万円)を言い渡した。
 弟の無職孝弘被告(26)ら2人も執行猶予付き有罪とした。また、3被告連帯で追徴金約2億2600万円(求刑追徴金約4億2900万円)を命じた。
 多和田裁判長は「労せずして多額の利益を得られることに目がくらみ、証券市場の公正性を害することを意に介さなかった」と非難する一方、3人が反省の意を示し、多額の寄付をしたことなどから執行猶予を付けた。 

【関連ニュース】
勤務中、ネットで株取引955回=上席調査官を減給処分
あおぞら銀元行員を逮捕=インサイダー取引容疑
あおぞら銀元行員を強制捜査へ=22日にも、インサイダー容疑
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー
フェヴリナ元監査役の処分勧告=インサイダー取引で

桃太郎、アンパンマンと鬼退治!? 昔話を知らない子供たち、20年で正答激減(産経新聞)
匿名ブロガーの性別・年代を判別 企業向けに分析サービス(産経新聞)
「細かすぎ」不評の厚労省目標…全職員にメール(読売新聞)
鳩山首相、不起訴相当「常識」を反映、率直な意見提示(産経新聞)
<口蹄疫>疑いの強い牛や水牛見つかる 5、6例目…宮崎(毎日新聞)
[PR]
# by 3ssro0i24m | 2010-04-30 22:13